院長ブログ

2013年05月01日 第101回日本泌尿器科学会総会(札幌)に参加して
 気温が低く肌寒い札幌でしたが全国から多くの泌尿器科医が参加していました。私が参加したプログラムをまとめました。1)シンポジウム「泌尿器科領域における放射線治療最先端」では前立腺癌の最新の放射線治療が取り上げられましたが、放射線治療技術の向上により治療成績の向上が大いに期待出来ます。2)パネルディスカッション「EDの治療」では新しい治療薬の可能性、男性ホルモンによる治療、試験段階ですが体外衝撃波に ... もっと見る

2013年02月21日 過活動膀胱について
テレビCM(野際陽子主演)や新聞などで「過活動膀胱」を目にすることが多いためか、最近頻尿、尿失禁で来院される方が増えています。過活動膀胱とは、尿意切迫感(尿の我慢が難しくなる)と頻尿(尿回数が多い。目安として1日8回以上)がある場合を指します。詳しくは当院ホームページの「病気について」の「過活動膀胱」に説明していますので参考にして下さい。特に寒い時期は尿量が増えたり、膀胱の反応が強くなるので、それ ... もっと見る

2013年02月10日 第11回東北泌尿器科手術手技研究会で発表
第11回東北泌尿器科手術手技研究会
 泌尿器科の手術手技について研究発表する会です。手術が好きで得意な先生が多く集まり、毎回白熱した討論が行われ、とても勉強になる研究会です。
今回私は「HoLEP 術後、 PSAはどこまで下がるか」の演題で発表してきました。ホーレップ術後PSAは2.0ng/ml以下に下がりますが、十分下がらない症例では術後2-3年でPSAが上昇する傾向があり、前立腺癌 ... もっと見る

2013年01月30日 今年の始まりはツェルマットで
今年はスキーで幕開けしました。年始の休みを利用してスイスのツェルマットに出かけマッターホルンを眺めながらスキーを楽しんできました。天候に恵まれたお陰で、標高2000-3000mにあるスキーコースでも寒さを感じないで済み、マッターホルンの直ぐ近くまで行くことが出来、遠方のスイスアルプスの山並みを望みながら滑り、今年は感動の幕開けになりました。 ... もっと見る

2012年11月26日 第26回日本泌尿器内視鏡学会、第8回内視鏡的前立腺治療研究会に参加して
11月23,24日、日本泌尿器内視鏡学会に参加し朝から夕方まで泌尿器関連の内視鏡手術について勉強してきました。今回の大きな話題はロボット手術でした。日本でも保険診療で可能となったため全国の基幹病院でロボット手術の導入が進みそうです。ただ、技術が安定するまでには少し時間がかかるでしょう。
 私は今回は特に前立腺肥大症の手術につて多くの発表を聞き、私自身も「HoLEP術後のPSA変化に関する検討 ... もっと見る

2012年11月09日 奥入瀬渓流の紅葉
11月4日十和田湖から流れる奥入瀬渓流の紅葉。今年は紅葉が少し遅れていたためか東北地方の紅葉が一挙に始まり、十和田湖に向かう途中(岩手、秋田、青森)の山々の紅葉が真っ盛りで、これほど沢山の紅葉を一度に見られたのは幸運でした。奥入瀬渓流も多くの観光客で賑わっていました。
... もっと見る

2012年10月12日 月山の紅葉
10月8日山形県の月山でトレッキングをしてきました。山頂からの紅葉が盛りで沢山の登山者で賑わっていました。
... もっと見る

2012年07月30日 第7回「みやぎBPH手術研究会」が開催されました.
第7回「みやぎBPH手術研究会」が7月27日仙台で開催されました.
 BPHとは前立腺肥大症のことです。この会は8年前に前立腺肥大症の手術手技について討論する研究会として、院長が中心となって発足しました。ホルミウムレーザーを用いた前立腺肥大症の手術ホーレップ(HoLEP)についての話題が中心です。今回は、聖路加国際病院の遠藤文康先生に「順行式尖部剥離(Anteroposterior Diss ... もっと見る

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7