院長ブログ

2014年01月22日 前立腺肥大症の新しい治療薬に期待
前立腺肥大症の新しい治療薬が承認。

ED治療薬シアリス(一般名:タダラフィル)には排尿障害を改善する作用があることが学会や論文で発表されていましたが、
いよいよ前立腺肥大症の治療薬として発売されることになります。
現在主流の治療薬α1ブロッカーとは別の作用機序による治療になるので、
これまでとは違った効果が期待出来そうです。

ED治療薬として開発された ... もっと見る

2013年11月15日 第27回日本泌尿器内視鏡学会に参加
名古屋で開催された第27回日本泌尿器内視鏡学会の最終日(11月9日)に参加してきました。<未来の名匠を発掘する>という企画で多くの講演が組まれていましたが、私は前立腺肥大症手術のエキスパート、かとう腎・泌尿器科クリニック(平塚市)の加藤忍
先生のホーレップ、慶應義塾大学病院の中川健先生のTUEB(チューブ:レーザーを使わないで行う前立腺核出術)を興味深く拝聴しました。その他ロボット手術に関す ... もっと見る

2013年09月30日 中高年女性の尿の悩みについて(朝日新聞記事)
<中高年女性、半数が尿の悩み>
 2013年9月24日朝日新聞の第一面!に頻尿、尿失禁についての記事が載っていました。日本排尿機能学会のお勧めの治療法について。A:強く勧められる方法ー減量、骨盤底筋体操 B:勧められるー食事の工夫、膀胱訓練(尿を我慢する練習のこと)、電気・磁気刺激 C1:行っても良いー禁煙、便秘の改善、激しい運動や重労働の軽減。 薬物治療は頻尿や尿失禁には抗コリン薬とβ作動 ... もっと見る

2013年09月21日 涼しくなると夜間頻尿が多くなる
最近、涼しくなって夜間排尿回数が多くなった患者さんが増えてきました。原因は汗をかかなくなった分、尿量が増えているためです。夏場と同じように水を飲んでいると尿量が増えて排尿回数が多くなります。気温の変化に応じて飲水量を調整するよう指導しています。また、体が冷えると膀胱の反応が強くなって尿を我慢するのが辛くなる現象も起きてきます。夜間睡眠中に体が冷えないような対策も必要です。

... もっと見る

2013年05月28日 第5回仙台国際音楽コンクール開催中
5月25日から3年に一度の音楽コンクールが始まりました。ヴァイオリン部門そしてピアノ部門と続きます。先日ヴァイオリン予選の一部を聴いてきました。課題曲、バッハの無伴奏バイオリンパルティータ、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲はいずれも名曲で演奏者の技量と音楽性、それに楽器の特性が加わるので個性の違う音楽を一度に聴けて楽しめました。聴けなかった演奏はYouTubeで視聴できるので楽しみです。

... もっと見る

2013年05月02日 開院10周年
2003年5月2日アエルで開院後10年が経ちました。2011年8月に現在のエキニア青葉通りに移転し2年近くになります。この10年で日本の医療全体が変化して来ましたが、泌尿器科医療の内容も大きく変化しており、常に新しい医療を提供できるよう努力してきました。クリニックで行う医療と総合病院で行う医療の棲み分けもはっきりしてきており、これから更に医療連携が進み、患者さんが安心してより良い医療を受けられるよ ... もっと見る

2013年05月01日 第101回日本泌尿器科学会総会(札幌)に参加して
 気温が低く肌寒い札幌でしたが全国から多くの泌尿器科医が参加していました。私が参加したプログラムをまとめました。1)シンポジウム「泌尿器科領域における放射線治療最先端」では前立腺癌の最新の放射線治療が取り上げられましたが、放射線治療技術の向上により治療成績の向上が大いに期待出来ます。2)パネルディスカッション「EDの治療」では新しい治療薬の可能性、男性ホルモンによる治療、試験段階ですが体外衝撃波に ... もっと見る

2013年02月21日 過活動膀胱について
テレビCM(野際陽子主演)や新聞などで「過活動膀胱」を目にすることが多いためか、最近頻尿、尿失禁で来院される方が増えています。過活動膀胱とは、尿意切迫感(尿の我慢が難しくなる)と頻尿(尿回数が多い。目安として1日8回以上)がある場合を指します。詳しくは当院ホームページの「病気について」の「過活動膀胱」に説明していますので参考にして下さい。特に寒い時期は尿量が増えたり、膀胱の反応が強くなるので、それ ... もっと見る

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7